マイホーム

ローコスト住宅の耐震・耐久性はどうなの?

低コストで建てることができるローコスト住宅は、予算が少なくてもマイホーム購入を実現できることから人気がありますが、耐久性や耐震性を心配している人も多いです。ローコスト住宅は、建材のグレードを下げることでコストカットに成功しているケースもあるので、こういった話を聞いて不安になる人も多いと言えます。しかし、多くのローコスト住宅は、一般的な住宅と同じくらいの耐久性や耐震性を持っているので、安心して生活することができると知っておきましょう。

本来、日本の住宅は建築基準法で定められた耐震性能を満たしている必要があり、どの建物も耐震等級1に相当する性能がなければならないと決められています。これは、震度6強から7程度の、大地震に耐えることができる強度だとされており、大きな地震が起こったとしても、家族の命を守ることが可能です。耐震等級をどこまで高くするのかは依頼する会社によって違ってくるので、ローコスト住宅でも耐震等級2や3のケースもあると理解しておくことが大切です。

ローコスト住宅は、建材のグレードが低いため20年から30年ほどの寿命であると説明されることが多いですが、これはローコスト住宅だけに言えることではありません。実は日本家屋の多くが30年前後の寿命となっており、何もしないまま30年以上安全な家を維持することは難しいとされています。一般的な住宅を購入する場合でも、ローコスト住宅と同じく20年から30年ほどが経過する段階で、修繕やリフォームを行う必要があります。だから、手直しをすることで長く住むことができるようになっていると覚えておきましょう。確かに、ローコスト住宅は建材のグレードを下げることがありますが、寿命に大きく影響するような建材が用いられる可能性は低いです。

もちろん、グレードの高い住宅は耐震性が最高等級であったり、高い耐久性を備えていたりすることもありますが、一般的な住宅であれば全てが最高グレードの性能になっているわけではありません。だからこそ、ハイグレード住宅以外は、ローコスト住宅とほとんどが同じような耐震性や耐久性であることを知っておくと良いでしょう。ローコスト住宅であることが影響して著しく寿命が短いということはないので、安心して購入できます。20年や30年という長い月日がたつときに修繕などが必要になることは、一般的な住宅も同じなので、高い性能を長く維持するためには、住み始めてからのメンテナンスなどが重要だと言えるでしょう。

関連記事
不安を抱える男性
ローコスト住宅のコストが安い理由とは

なるべく安くマイホームを建てたいけれど、ローコスト住宅は価格が安過ぎて不安だと感じている人も少なくありませんが、安心して家を建てたいので

記事を読む

リビング
ローコスト住宅に多い「オープンプラン」とは

ローコスト住宅の建築を検討している人の中には、オープンプランという言葉を聞いたことがある人も多いはずです。これは、ローコスト住宅でよく取

記事を読む

失敗
失敗しないためにローコスト住宅の特徴を知りましょう

最近では、ローコスト住宅を購入する人が増えていますが、正しい知識を持たずに購入したことが原因で失敗してしまう人もいます。このタイプの住宅

記事を読む

noimg
ローコスト住宅の寿命を伸ばすためのポイントとは

一般的な住宅と比較すると、ローコスト住宅は耐久年数が短い傾向がありますが、工夫次第で建物そのものや導入している設備の寿命を長くできます。意識

記事を読む

noimg
家の品質を落とさずに価格を抑えるためには

低予算でマイホームを購入したいけれど、家の品質は落としたくないと考えるのであれば、これを実現できる方法を知っておくことが必要だと言えます。余

記事を読む

noimg
コストカットしてもおしゃれなマイホームにしたい!

マイホームを建築するときには、コストカットしてもおしゃれなマイホームにしたいと考える人が多いですが、費用は抑えても内装も外観もこだわりたいと

記事を読む

noimg
おしゃれな平屋をローコストに建てる方法とは

近頃は、低コストでおしゃれなマイホームを持つことができるという理由から、平屋のマイホームを選択する人が多くなっています。平屋の住宅は、フラッ

記事を読む

noimg
ローコストでも見た目より性能にこだわりたい!

価格が安いローコスト住宅の場合は、性能にこだわれないと思っている人もいますが、実際は性能にこだわることができます。外観や内装といった見た目よ

記事を読む